ブログトップ > カテゴリ: オーストラリア紀行 > オーストラリアからみた日本

オーストラリアからみた日本5

2005年10月17日
オーストラリア突撃リポート!壮絶548日の奇跡!(第9回)
                       written by DownUnder
セミナー告知





今日は少し視点を変えて話をしたいと思います。オーストラリアからみた日本、ていうかオーストラリアに在住している一人の日本人(私)からみた日本についてです。今までも、この話題について一度話してみたいと思いつつやめていました。なぜかっていうと、重いから。そして、このお題には答えは存在しないから。でも、最近強く感じることがあって、かかさせていただきます。


その前にこちらをお願いしますm(__)m
人気blogランキング応援してくださいm(__)m

こちらをもう一度ポチってもらえるとうれしいです^-^!


皆さん、堀江さんと日本テレビの買収劇は記憶に新しいかと思います。ただ、私は、あの出来事がただのビジネス上の問題ではないとずーっと思ってました。そして、私なりの回答がようやく固まりつつあります。

単刀直入にいうと、堀江さんの登場は、本当の意味での日本の戦後の終了を象徴しているんじゃないかなー。彼自信、戦争を知らない世代であり、西洋的なものに抵抗がない世代です。いいものはどんどん取り入れ、悪いものは切り捨てる。今までも、戦後終焉を題した議論がゲームのように繰り返されてきましたが、なんか現実を的確に表現してないし、なんか言葉遊びに終わってしまっていて、中途半端でした。(確か彼自信、インタビューかなんかで、“何故私の行動が批判されるのか、よく分からない”といってましたが、本心だと思います。だってビジネス的にみれば、彼まさしく正しい事してたんですもの。)でも、今回の彼の登場は、非常に象徴的です。そして、この戦後終了を支えるような出来事が現実にどんどんでてきています。〔特に、ビジネス面、教育問題、児童虐待を含めた社会面。〕この現実に何かが起こることが、本当は一番大事です。何故って、戦後には戦後たらしめている社会意識があります。そして、現実に何かが起こるとは(特に好ましくないこと)、この戦後意識ではもうとらえられない現象がおき始めていることを意味します。まー、簡単に言えば、転換期ですな。
(日本人の生活意識も着実に変化しています。例えば、去年でしたか、世論調査で、中流階級意識がすごく薄れてきているとの報告がありましたねー。でも、中流階級という言葉自体、戦後の高度経済成長時期にうまれた言葉ですよね。これも非常に象徴的ですね。)

本当は全部の面で語りたいのですが、紙面がない!だから、ビジネス面についてごく簡単に触れます。ビジネス面では、戦後に発展した縦の(TOP DOWN)管理システム下におかれた企業がどんどん倒産しています。(このシステムの原点ともいえる米国フォード社の長―い停滞は象徴的です。)ここで、おいおい、トヨタをみてみろ、ソニーは、日産は、っていわれる方もいると思います。が、彼らは、もう純日本企業ではありません。日本に本社を持つ多国籍企業です。だからかれら多国籍企業を日本企業という名の下で評価するのは正しくはありません。(逆にそうすることで、本当の日本経済の姿を隠してしまいます。事実、これら大企業が収益を上げている中で、倒産している中小企業の数は膨大です。そして、これが日本経済の現実です。)そして、このTOP DOWN管理システムと時代が要請しているシステムに大きなズレが生じています。そして、このズレに気付き、見切りをつけうごいている方たちが、いわゆる起業家です。(まー、いろんなタイプの起業家がいますから一概にはいえませんけど。)ですから、ここ最近の起業家ブームは正直ブームではありません。時代の要請であり、自然の流れです。だから、起業する人達が増加しているのも偶然ではなく必然なんです。ていうか、こうならないと、日本経済は本当の意味で生き返りません。(今、株が上昇していますが、私は基本的にこの動きは投機筋だとみています。真の経済的基礎条件を反映した動きではないような気がします。)

ということは、次に起こる動きをある程度読むことは案外簡単です。

だれでしたっけ、すべての物事には周期があって、その周期が約60年とかなんとかいってましたね。今年は、2005年。その60年前は、1945年。確か太平洋戦争終結の年ですよね。物理的意味での戦争は60年前に終わりました。ただし、精神的面での戦争克服には、やはりこれだけの長い時間が必要だったのでしょうか?

みなさん、これから日本で起こる出来事を少し注意深く観察してみてください。その問題の根本には、戦後意識を基礎にしている現代日本社会の姿があります。そして、この社会はすばやく変化する現実についていっていません。ずれが常に存在しています。そして、そのずれをもう効用のない薬でその場対処しているのが現状です。だから効き目はないですね。(だから、例えば、いじめを教育の問題として解消していくのははじめから意味がないことです。いじめは、その根を日本社会の構造そのものに持っていますから。だから、答えはいじめは永遠に解決しません、社会構造そのものに変化がないかぎり。Sad, but true.)

この時代に海外から日本を眺めていて、本当に転換期だなーとかんじます。

頑張れ、日本人。情報選択能力をつけ、行動しろ!!(Act, act and act.)

あー、いろいろ話したいんだけど、また今度。



★おかげさまで中部地区起業セミナー
コネなし・金なし・ひまなしサラリーマンでのできるスタートアップ起業セミナー
ご好評につき満席となりましたありがとうございます!
つきましては、10名様分増席させていただきました!



ソーシャルブックマークへ投稿: ブックマークに追加する Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク newsing it! この記事をChoix!
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by TAKA   2005年10月18日 00:01
5 おおっと! HIKARUさんの文章力には脱帽です!

この調子でセミナ−頑張って下さいね。

戦後60年・・ ほりえもんの登場!
これから益々日本から目が離せませんね! 週末起業万歳!!
2. Posted by 笑顔整体の院長   2005年10月18日 01:13
今後の日本の事情、
いろいろと今ある実情の結果が、
楽しみですね。

今の起業ブームといわれているものが、
その後どうなっていくかも見ものですしね。

日本をもっと推進させていかないといけませんね^^ぽちっ
3. Posted by 真奈   2005年10月18日 02:26
『これから日本で起こる出来事を少し注意深く観察』
してみようと思います。

熱く語るhikaruさん。
『この話題について一度話してみたい』の思いが叶いましたね♪

『そして、いろいろ話したいんだけど、また今度。』
続く楽しみもお持ちですね。

いいな、そういうの♪♪
4. Posted by イヴォンヌ   2005年10月18日 06:16
確かに歴史は繰り返すということはありますね。
日本ももっと変わらないとですよね。それには個人が変わらないとなのかも。
そういうことに敏感な人とそうでない人とで差がつくでしょうね。
5. Posted by テレアポゲット研究会 竹野恵介   2005年10月18日 10:16
>テレアポ後の成約率ってどのくらいなんですか?

コメント有難うございます。
成約率は、リストの段階でどの位、セグメントしているかによりますね。

ある程度、競合他社とか、その会社の状況を調べている場合は、テレアポのアポ率とその後の成約率は高いです。
しかし、何もしていなと、まったく逆です。
また、商品・サービスにもよりますので、一概にこうですとは言えないです・・・
6. Posted by ブログフリーク   2005年10月18日 11:25
*「ブログフリーク」からのお知らせ*


ブログランキングサイト「ブログフリーク」がオープン!!

只今【 iPod nano 】が当たるキャンペーンを実施中です。

皆様のご登録・ご参加をお待ち申し上げております。

目指せ、アクセスアップ!


ブログフリーク
http://blogfreak.jp/

お問い合わせはコチラから
http://blogfreak.jp/ask/
7. Posted by さねあつ   2005年10月18日 11:36
これからの日本・・・

起業ブームですが、今までは、行動力のある人が勝ってきました。

でも、実際に行動できないでいた、優秀な方々はいます。

そういうひとが、起業なり、他のことで、トップを目指せる環境を作りたいと思っています。

行動できないやつはほっとけ、と言う考えでは、さらなる成長はできないとおもいます。

19歳のガキがいうことなんで、流してもらって結構ですが、興味があれば、ブログ見てください、

http://blog.livedoor.jp/dreamweblog/
8. Posted by 1分で成功者に学ぼう!(今別府)   2005年10月18日 12:42
Hikaruさん、こんにちは。

先日ある方と、インターネットが使える世代とそうでない世代(物理的な利用ではなく、日常生活の中で自然に使えるという意味)に分かれていくのでしょうね、とお話したところです。
今日のお話を聞いて、そのことを思い出しました。

9. Posted by Hiro   2005年10月18日 20:12
Hiroです。こんばんは。(^^

時代は刻々と変化していくもの。
対応は必須、企業にも、個人にも。
流されず、自らの意思で・・!!
私達起業を目指すもの同士、
先見性と自己を持って、
これからの社会に臨みたいですね!
がんばりましょうね。
10. Posted by Ash   2005年10月18日 21:15
なるほど…確かに転換期なのだと思います。
人も物も、全てが1サイクル回った状態なのだと…
私も思うところが多々あります。

いつまでも古きに拘らず…
しかし、古き良き物も失わずに変わっていけると
一番良いのでしょうけど・・・。

まあ、これは先になってみないと
わからないことですかね(苦笑)。
11. Posted by 通りすがらず   2005年10月20日 06:13
1 気まずい位に、オーストラリアから見た日本じゃなくて、個人的見解ですよね…?
あ、オーストラリアに住む人間が、日本を語るって事?
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
新着エントリー
test
サイト内検索
週サラ。内部を”キーワード”で即効検索!
カスタム検索
月別
「週サラ」管理人
週サラ管理人
プロフィール

お問い合わせ

BIGtomorrowに掲載されました


青春出版社のBIG tomorrow4月号 54Pお役立ちブログ 発想のヒントが満載!ビジネスノウハウが学べるブログとして掲載されました。BIG tomorrow編集部で厳選した、読み応えのあるブログ21サイトに選ばれました〜!

宝島に掲載されました
だれでもできる!リピーターがどんどん増えるブログ成功者15人に聞くアクセスアップの「秘訣」。アフィリエイトビジネス系ブログで紹介されましたP53。平凡なサラリーマンのサクセスストーリー♪
人気ブログランキングで1位になりました
人気ブログランキング1位
人気ブログランキング、マーケティング・経営カテゴリーで1位になりました。 人気ブログランキング
NHK総合TVプライスの謎に出演しました
NHK総合の経済番組、「プライスの謎」に出演。働き方が変わる!? 〜サラリーマンの副業ブームの舞台裏〜というテーマで取材を受け出演いたしました。
週サラ”友”downunder
down under
かつてオーストラリアから情報発信された人気シリーズ!
オーストラリア突撃リポート!壮絶548日の奇跡!
某商社にて約5年半勤務後、現在豪州シドニー大学大学院(商学部)に在籍中。またシドニーにある某政府機関にてインターンを経て、現在日本のインキュベーションコンサルティング企業にて活躍中。
マインドマップ的読書感想文

週サラ管理人デイリーチェックのヤヴァイ書評ブログ!マインドマップ的読書感想文!