ブログトップ > カテゴリ: オーストラリア紀行 > それはいい質問だ!

それはいい質問だ!5

2005年11月22日
オーストラリア突撃リポート!壮絶548日の奇跡!(第14回)
                       written by DownUnder

セミナー告知






オーストラリアは想像以上に直接金融社会です。ですから、個人で自分の資産を守るという考えは当然ですし、相当数の人が株取引をしていると想像できます。もちろん、将来の資産形成のためです。中には投機的に株売買している人もいますけど、比較的少ない印象をうけます。(すくなくとも私の周りでは。)


★人気ブログランキングに参加しています
あなたのクリックでhikaruも元気になります!
応援よろしくお願いします



★週刊ブログランキングに参加しています。
こちらのビジネス・経済カテゴリーでもがんばっています。
あなたの応援が力になります!よろしくお願いします。






最近よく友人から“今の日本の株市場はすごいなー。でも何故?”とよく聞かれます。俺に聞かないでくれー、と心で叫んでいますけど、聞かれます。私、専門家じゃないし、株取引してないし、正直こういう質問困るのですけど、多分、今学期金融工学なるクラスを取ってたから多分あいつに聞けば分かるだろう的のりで聞きにくるんでしょうなー。でも、聞かれた私も、顔を引きつらせながら、でも少し誇らしげに、“That’s a good question.” とか何とかかんとかかっこつけて、一人悦に入って説明しています(なんて無責任な男なんだ、俺は。ごめんK君、W君、その他もろもろ。)そして、そんな適当なことをいう自分に嫌気がさして、夜一人さびしく壁に向かって反省しています。でも、そういう自分を可愛く思う今日この頃です。

でも、確かに、最近の日本株の賑わいはすごいですねー。分析対象としてはおもろいなー。皆さんは、“株式市場上昇 = 景気回復”という等式をよくニュースでも聞くと思います。もし、これが現実をうまく言い当てているのであれば、
直感的に考えて、日本円に対する価値が上昇するはずです。でも、現在の円為替レート(米ドルおよびユーロに対する)の動きが少し異常な気がするのはぼくだけかなー。円、すこし安すぎるんじゃない?こんなに株がにぎわってるのに。それも、両通貨にたいして、この下げ度はどうかなと。例えば、私がオーストラリアに来る直前まで、円ドルレートは約108円、そして円ユーロに対しては、約132円ぐらいでした。当時株価は約11500円くらいだったかな。だから、今の株価が本当に実情経済を反映しているならば、円は両通貨に対して強くなっていてもおかしくないと思うんすっよ。こちらの説明では、“米国経済も想像以上に好調で日本に対する輸出量が増加しドル需要が増加し円需要が減少”みたいな説明を最近よくみかけますが、うーん、どうなんだろう。円需要が減少してるならば、こんなに株式市場はもりあがらんだろう!! いずれにしても、現在のレートは直感的に違和感を覚えます。経済って、そんな短期間に変化するようなものでもないし、常にタイムラグが存在しますから。それこそ、例えば円ドルレートでは105−110円レンジ、ユーロにたいしては120円台後半―130円くらいが今の日本経済の実情を反映している基礎的数値ではないかなと思うのです。

世界はやはり日本の経済に期待しているのでしょうね。(ということは、経済のグローバリズム化(というよりアメリカ化)が進んでいるというのは、現状では案外そうでないのかもしれません。)確かに、今の日本には投資するのにおいしい話はたくさんありますよ。例えば、新小泉政権に対する期待、日本企業の予想以上の高収益報告などなど。(ただし、この収益報告はくせものです。何故って、実際報告がでた時期と収益があがった時期にはタイムラグありますから。)国外的にも、米国では、世界的に信頼のあったグリーンスパーン氏から新たなFRB議長へ交代になり、正直これからの米国金融経済政策にたいする不確かな面も今の日本株に対する期待度を上げていると思います。(ただし、米国経済は予想以上にいいみたいですね。ただし、膨大な赤字はまだありますけど。怖いんだな、これが。)多分、これらの国内要因及び国外要因が重なりあって、すっんごーい期待感を市場で生んでいるのでしょうね。事実、外国投資家、特に機関投資家が日本はまた日が昇る的感覚でずーっと買い持ち状態でしたし、今このような状況で明らかに買い続けていますし。ただ、この買い持ち状態が投機的でないといいのですが。(まー、投機でしょう。)でも、過度な期待感って、外れたときが怖いんですよね。

素人なりにみても、今の株上昇期にこの為替レートの数字は、うーん、なんか変。そして、プロと言われる方の説明も納得いきませんな、正直。期待度だけが先行しすぎてるんじゃないかなー。特に海外勢ね。まー、市場って最終的には投資家たちの将来にたいする見方(即ち期待度)で形成されますから、常に実体経済は反映していないのでけど。それでも、この数字たち腑に落ちません。

誰か答えを教えてください。


★人気ブログランキングに参加しています
あなたのクリックでhikaruも元気になります!
応援よろしくお願いします



★週刊ブログランキングに参加しています。
こちらのビジネス・経済カテゴリーでもがんばっています。
あなたの応援が力になります!よろしくお願いします。





トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by 玉yan   2005年11月22日 23:12
初コメントです。ヒデさんおブログからやってまいりました。hikaruさんの言うとおりだと思います。ニュースでやっていたのは、アメリカと日本の金利差とかいっていましたが、それもありますが、日本の財政が投資家達に危機感を持たせているのかもしれないですねーー

応援クリック完了しましたーーぽち
hikaruさん、答えじゃなくてごめんちゃいです(^人^)

だって、わかんないんだも〜ん。。。
ごめんね☆

んと、応援しにきました。(2つ)

いつもカッコイイと言ってくださってありがとう♪♪
嬉しすぎ〜(笑)
またまいりますね!
ありがとう!
3. Posted by 笑顔整体の院長   2005年11月22日 23:32
株と円なんでこうもかけ離れるんでしょうねぇ。
何かしら答えはあるんでしょうが、
専門家とかも、かなり視野が狭くなってるのかもしれませんね。ぽちっ
4. Posted by イヴォンヌ   2005年11月23日 08:23
期待度だけが先行しすぎてるんじゃないかなって専門家たちもみてるような気がします。それって恐いかも!
でも私もそんな気がしてなりません。
5. Posted by 1分で成功者に学ぼう・・・今別府   2005年11月23日 12:02
確かに、今は円安傾向にありますよね。
今後どうなるかわからないですが、
日本の景気が上向いてきたことは
歓迎すべきことですよね。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
新着エントリー
test
サイト内検索
週サラ。内部を”キーワード”で即効検索!
カスタム検索
月別
「週サラ」管理人
週サラ管理人
プロフィール

お問い合わせ

BIGtomorrowに掲載されました


青春出版社のBIG tomorrow4月号 54Pお役立ちブログ 発想のヒントが満載!ビジネスノウハウが学べるブログとして掲載されました。BIG tomorrow編集部で厳選した、読み応えのあるブログ21サイトに選ばれました〜!

宝島に掲載されました
だれでもできる!リピーターがどんどん増えるブログ成功者15人に聞くアクセスアップの「秘訣」。アフィリエイトビジネス系ブログで紹介されましたP53。平凡なサラリーマンのサクセスストーリー♪
人気ブログランキングで1位になりました
人気ブログランキング1位
人気ブログランキング、マーケティング・経営カテゴリーで1位になりました。 人気ブログランキング
NHK総合TVプライスの謎に出演しました
NHK総合の経済番組、「プライスの謎」に出演。働き方が変わる!? 〜サラリーマンの副業ブームの舞台裏〜というテーマで取材を受け出演いたしました。
週サラ”友”downunder
down under
かつてオーストラリアから情報発信された人気シリーズ!
オーストラリア突撃リポート!壮絶548日の奇跡!
某商社にて約5年半勤務後、現在豪州シドニー大学大学院(商学部)に在籍中。またシドニーにある某政府機関にてインターンを経て、現在日本のインキュベーションコンサルティング企業にて活躍中。
マインドマップ的読書感想文

週サラ管理人デイリーチェックのヤヴァイ書評ブログ!マインドマップ的読書感想文!