ブログトップ > カテゴリ: オーストラリア紀行 > 貧富の格差をどう捉えるか?

貧富の格差をどう捉えるか?

2007年01月19日
downunderこんにちは。お久しぶりです。ダウンアンダーです。

おとつい、ある新聞で、阪神大震災復興ボランティア活動に関する記事を読む機会がありました。それに触発されて、この記事を書くことを決めました。

といっても、阪神大震災復興ボランティアのことではなく、私の友人であるN氏のことについてです。
続きを読む
その前にランキングをチェック




         *   *   *


N氏は、大阪出身で、正義感にあふれ、そしてさわやかな印象を与える人柄です。彼とは、大学院で知り合いましたが、小生と同学部ではなく、彼は国際公共健康学専攻でした。本職は薬剤師ですが、世界から貧困をなくしたいとの思いから、国際開発及び協力に関するプロジェクトに過去約15年積極的に参加してきた人です。大学院に学びにきたのも自分の専門性を高める為といわれていましたが、その根底には、恵まれない人を助けたいという強い思いがあったからだと小生理解しております。

現在、彼はパキスタンで恵まれない人たちを助けるプロジェクトに従事しています。決して安全とはいえない地域で、恵まれない人たちのために自身を捧げている姿には、素直に感服せざるを得ません。

また、N氏からは、日常で起こっている小さな幸せに感謝する態度を学びました。これは、アフリカ、ジャマイカ及び世界の貧困地域で様々な人と触れ合い、色々な経験をされてきた中から学ばれた知識だと思います。

世界のどこかで、裕福に過ごしている人もいれば、ある一方でそうでない人もいる。この現実をどう捉えるかは個人的見解になると思います。でも、現実問題として、そういう事実が存在するのをこころのどこかで常に認識できるメカニズムを持つのと持たないのとでは私たちの日常的行動も変わるのではないでしょうか?それとも、それは理想郷でしょうか?(This world is not kind enough?)

最後に、ある映画の台詞をかいてこの投稿の締めにしたいとおもいます。(ただし、かなり簡略化しています。)
医者“あなたが、もし今風をひいたら、最初にすることは何ですか?”
女性“チキンスープを飲み、暖かいお風呂に入ります。”
医者“ここ、恵まれない地域の人がまずすること。それは、痛みを感じること。そして、それと共に生きること。”

続けてランキングをチェック


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
新着エントリー
test
サイト内検索
週サラ。内部を”キーワード”で即効検索!
カスタム検索
月別
「週サラ」管理人
週サラ管理人
プロフィール

お問い合わせ

BIGtomorrowに掲載されました


青春出版社のBIG tomorrow4月号 54Pお役立ちブログ 発想のヒントが満載!ビジネスノウハウが学べるブログとして掲載されました。BIG tomorrow編集部で厳選した、読み応えのあるブログ21サイトに選ばれました〜!

宝島に掲載されました
だれでもできる!リピーターがどんどん増えるブログ成功者15人に聞くアクセスアップの「秘訣」。アフィリエイトビジネス系ブログで紹介されましたP53。平凡なサラリーマンのサクセスストーリー♪
人気ブログランキングで1位になりました
人気ブログランキング1位
人気ブログランキング、マーケティング・経営カテゴリーで1位になりました。 人気ブログランキング
NHK総合TVプライスの謎に出演しました
NHK総合の経済番組、「プライスの謎」に出演。働き方が変わる!? 〜サラリーマンの副業ブームの舞台裏〜というテーマで取材を受け出演いたしました。
週サラ”友”downunder
down under
かつてオーストラリアから情報発信された人気シリーズ!
オーストラリア突撃リポート!壮絶548日の奇跡!
某商社にて約5年半勤務後、現在豪州シドニー大学大学院(商学部)に在籍中。またシドニーにある某政府機関にてインターンを経て、現在日本のインキュベーションコンサルティング企業にて活躍中。
マインドマップ的読書感想文

週サラ管理人デイリーチェックのヤヴァイ書評ブログ!マインドマップ的読書感想文!