ブログトップ > カテゴリ: マーケティング > 国債広告費10億円って!

国債広告費10億円って!

2007年07月10日
個人向け国債


国債を売るために宣伝しまくっているその広告費って・・・

国債とは、国がお金を調達するために発行する債券のこと。日本国政府が、国民の皆さまからお金を借りる時に出す「借用証書」ともいえます。もちろん元本と利子の支払いは日本国政府が責任をもって行うため、安全性が極めて高い金融商品です。そんな国債の中でも、「個人」の方だけを対象にした国債が、「個人向け国債」です。個人向け国債は、平成15年3月に誕生しました。≪財務省≫

国債を売るためにがんがん宣伝しまくっている財務省ですが、消費税引き上げについても現実味を帯びてきている昨今、何か違和感を覚えるのは私だけでしょうか?


                   ■

国の借金っていくらよ?

平成19年3月時点での国債及び借入金現在高は・・・


             834兆3786億円


その辺に転がっているような金額ではありません。平成19年3月のトヨタ自動車の決算で売上高24兆と発表されましたが、あのトヨタ自動車の34年分の売上げに相当します(汗)

基本的に国の収入は税金ですから、国債の金利を保証するということは、国民に払わせると言うことですよね。””って我々自身の集合体ですから、安部政権がお金を払ってくれるわけでもなく、我々が我々の金を払うだけのことです。

そう考えれば、どこかで国民から金を巻き上げる仕組みを作らなければ国の財政は崩壊してしまいます。国民の総資産の20%を保有すると言われる、総人口の2%の”富裕層”が、日本に愛想をつかしたらちょっと怖いことに・・・

                   ■

ですから借金するために一生懸命宣伝するというのはどうかと思うんですよ。普通単純に考えてみると、借金を返すためにはどうしたらいいと思います?答えはシンプル!2つしか方法はありません。

               ・支出を減らす
               ・収入を増やす

支出を減らすについては、「本気(マジ)でやってくれ!」コレに尽きます。まだまだ国の予算の使い方はメタボリックシンドロームです。

次に収入を増やすについてですが、これは税率を上げるという単純な発想ならば政治家は必要ありません。経済を活性化させて企業が儲かる仕組みづくりに協力するにつきるでしょう。企業が儲からなければ国の税収は増えないのですから、消費をクールダウンさせるような戦略はあさはかです。

よく世界の消費税に対して日本は安すぎるという議論がなされますが、消費大国日本はなぜそう呼ばれるのでしょうか?消費が冷えるとどうなるのでしょうか?



個人向け国債の広告宣伝費は10億円。これも我々のお金・・・
続けてランキングで最新情報をチェック

編集後記
2007年6月より住民税の負担額が増えています。サラリーマンは給料天引きなので簡単に徴収できるためますます負担が厳しくなっていくでしょう。これからサラリーマンの負担が厳しくなる将来に向けて、何をすればいいのでしょうか?

何もしなければ負担は増すばかりです。個人も国と同じですよ!支出を減らして、収入を増やすわけです。これからは個人とて戦略的に行動していかなければなりません。
続けてランキングで最新情報をチェック


トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by まつ   2007年07月10日 12:14
もう数年前から富裕層の国外脱出を避けるために、金持ち減税は始まってます。
その分、もちろん、金持ち以外の人がたくさん税金払うんだけどね!
今回の地方税増税も、笑えるくらいのロジックで「増税じゃない!課税方法の変更だ!」って言い張ってますが、増税です(きっぱり)

まぁでも、国の借金(国債)は返さなくてもいい、って意見もあるので、借金と言ってしまうと微妙に違うかも。
2. Posted by 笑顔整体 健康の知恵袋:院長   2007年07月10日 19:00
日本の借金すごいですよね。

基本的に無駄に使ってるお金が多すぎですよね。
節約という言葉を知らないんですかねぇ^^;

応援クリック!ぽちっ
3. Posted by みやびん   2007年07月10日 22:37
広告宣伝費が10億円だなんて・・汗
そんなでかい金額を広告投資していたんですね。。
国債買うのも微妙ですねぇ(ToT)/~~~
4. Posted by 瑠璃   2007年07月15日 17:29
ある日年金について電話が来ました。
いろいろ話しました。
有効期限を決めないで貯金型にしてほしいとか
業務処理という感覚でなく国民の心を愛をもって考えればムダ遣いは出来なくなるはずとか(^^;
あるかたには「国民の為に成果が出せないという事は国家公務員として適性がないという事ですから民間と同じ様に、短期でも辞めて戴く法律をつくるのはいかがでしょうか」と伝えた事がありマスι
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
新着エントリー
test
サイト内検索
週サラ。内部を”キーワード”で即効検索!
カスタム検索
月別
「週サラ」管理人
週サラ管理人
プロフィール

お問い合わせ

BIGtomorrowに掲載されました


青春出版社のBIG tomorrow4月号 54Pお役立ちブログ 発想のヒントが満載!ビジネスノウハウが学べるブログとして掲載されました。BIG tomorrow編集部で厳選した、読み応えのあるブログ21サイトに選ばれました〜!

宝島に掲載されました
だれでもできる!リピーターがどんどん増えるブログ成功者15人に聞くアクセスアップの「秘訣」。アフィリエイトビジネス系ブログで紹介されましたP53。平凡なサラリーマンのサクセスストーリー♪
人気ブログランキングで1位になりました
人気ブログランキング1位
人気ブログランキング、マーケティング・経営カテゴリーで1位になりました。 人気ブログランキング
NHK総合TVプライスの謎に出演しました
NHK総合の経済番組、「プライスの謎」に出演。働き方が変わる!? 〜サラリーマンの副業ブームの舞台裏〜というテーマで取材を受け出演いたしました。
週サラ”友”downunder
down under
かつてオーストラリアから情報発信された人気シリーズ!
オーストラリア突撃リポート!壮絶548日の奇跡!
某商社にて約5年半勤務後、現在豪州シドニー大学大学院(商学部)に在籍中。またシドニーにある某政府機関にてインターンを経て、現在日本のインキュベーションコンサルティング企業にて活躍中。
マインドマップ的読書感想文

週サラ管理人デイリーチェックのヤヴァイ書評ブログ!マインドマップ的読書感想文!