ブログトップ > カテゴリ: 仕事 > ストレス社会を切り抜けろ!ディベート力でストレスハック

ストレス社会を切り抜けろ!ディベート力でストレスハック

2008年03月14日
ストレス社会を切り抜けろ!ディベート力でストレスハック

Q:厳しいストレス社会でサバイバルレースに勝つためにはどうしたらよいのか?

次の3つの中から最も正しいと思われる答えを選択してください。

1.定年まで30年間どんなにコケにされようとも宮沢賢治もビックリするくらいひたすら耐え抜く?

2.「アホくさっ」と捨て台詞のひとつでも吐き捨てて、とっとと会社を辞める。

3.襲い掛かる猛者どもを粉砕してグーのねも出ないほどにたたきのめす


1を選ぶとこうなります。30年も耐えていると、極度のストレス状態で社会生活ができなくなる可能性があります。病気になるかもしれません。ストレス解消のためにアル中になるかもしれません。同じくストレス解消のために電車の中で女子高生のスカートの中に手鏡を忍ばせてしまうかもしれません(←これは犯罪)、つまり1を選択するにはリスクが高すぎます(汗)

んじゃ2はどうか?一見精神的には負荷が軽そうな感じがします。「がっ!」実はコレ実に安直な選択です。職を失えば生活できません。ですからパラサイトシングルにでもなるしかありません。何らかの事情で帰る家がなければ、バイトで食いつなぐその日暮しのネットカフェ難民と化すでしょう。

老後の心配?いや〜心配ないでしょう(笑)老後はありませんから・・・(;゚Д゚)ガクガクブルブル

残ったのは3ですよね。(はじめから3しか残らないジャンか!)

「口の達者なインテリ君達にゃ〜かなわねーよ〜」

んじゃやっぱり2で手鏡・・・っておい!

まだあきらめるのは早いですよ。あなたはもっと強くなれる!もっともらしいことや正論で襲い掛かるヤロウどもを撃破するためのディベート力についてチェックしてみましょう!

                   ■

グローバリズムがもたらしたバトルロワイヤル

調和とか協調とかって言葉は耳障りがいいのであっちこっちで使われますが、実はこんなハト派なボキャブラリーは現場ではまったくもって無力化します。

ビジネスの現場はいわゆる戦場。戦場でポッポポッポ言ってたら、一瞬で蜂の巣にされてしまうでしょう。笑顔で鉛をお見舞いされる前に、

つっ、強い!強すぎる!とてもじゃないけどかなわね〜

相手にこのように思わせるのです。

この先手必勝で闘わずして勝つ方法こそ、強者の必須スキル、ディベート力なんです。

それではおまたせしました。早速ディベート力の肝だけいただいちゃいましょう。

1 事実を述べること
2 ボキャブラリーが豊富なこと
3 論理的であること
4 揺るぎない思想と信念に基づいていること
5 対立、摩擦を恐れず真っ正面から当たること
≪「ディベート力」の鍛え方≫


どれも一朝一夕で身につく力ではありませんが、ディベート力とは、これら5つの能力が合わさったものなんですね。

1番は正直ものならできますよね。2番は難しいことを分かりやすく伝えるための表現力に当たるでしょう。そして、その事実に基づいて、演繹法の3段論法※などを用いて結論を導き出すのが3番の論理的であることです。

4、5については精神論なので、週サラで取り扱える範疇(はんちゅう)を逸脱しており、興味のある方は”信念”等でググってみてはいかがでしょうか(他力本願)

コトバの生産性を高める

日本人はコトバの生産性が低い。コトバの生産性とは、スピードパワークオリティである。

日本語そのものにスピード感がないのは否めないが、スピード感を大事にして、歯切れ良く声も大きく明瞭明晰に話すように心がけたい。


これはオーラルプレゼンテーション(oral presentation)の基本ですよね。(私は苦手なので説得力ないですが 汗)


ディベートの技術で何よりも大切にしなければならないのは、「コトバの定義」である。お互いが同じコトバを好き勝手に違う意味で使っていたら論争は成り立たない。また、相手がどうであれ、少なくとも自分自身でコトバの定義はしっかり持っていなければならない。 


普段何気なく使っている言葉って、その意味をちゃんと理解して使っているかというと、意外と正しく理解できていないことに気づかされます。いまさらですが、コトバの定義が間違っていると、そこから楔(クサビ)を突っ込まれて、一気に論破されかねません。

そんな失敗をしないようにするために、議論のキーワードの定義はしっかりと事前に確認確認すべきでしょう。相手が理解してなければ一気にフォローの風が吹いてきますよ!


※演繹の代表例として三段論法がある。 「人は必ず死ぬ」という大前提、「ソクラテスは人である」という小前提から「ソクラテスは必ず死ぬ」という結論を導き出す。この例のように二つの前提から結論を導き出す演繹を三段論法という。演繹においては前提が真であれば、結論も真となる。≪wikipedia≫

「ディベート力」の鍛え方―詭弁を見破り、論破する技術


続けてランキングで最新情報をチェック

編集後記
昨日なにやらやたらとアクセスが流れ込んでると思ったら、某サイトで週サラの記事が参照リンクされていました。

そこから大量のアクセスが。。。()

アクセスほしいくせに、いざ流れ込むとびびるチキンヤロウな週サラ管理人(爆)
続けてランキングで最新情報をチェック


トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by さっち   2008年03月15日 00:56
三段論法ですが
さっちはつい最近学習しました。

でも、普段の仕事の中で
活かせきれてませんでした。

その根本が
言葉を理解していないにあるとは・・・!

一から勉強し直します。。。(T_T)
2. Posted by euphoria   2008年03月15日 06:58
5 はじめまして!!
大学生のeuphoriaです。
僕のブログでは経済に関するけとを書いています。
株式やFXにも興味があるので現在勉強中です。
ディベート力は学生生活を送る上でも役にたちます。
もっと僕もディベートに強くなりたいです。
僕のブログも良かったら見に来てください。
http://economicfield.blog74.fc2.com/
3. Posted by 週サラhikaru   2008年03月15日 16:21
>さんちさんへ

さんっちさんも勉強されてるのですね。私も普段の仕事の場でいかせられるように奮闘中です(汗)

>euphoriaさんへ

ディベート力は鍛えるべきですよね!必ず自分を守ってくれる武器や防具になるはず!

専攻マーケなんですね。私も大好物です(我流ですが)。今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
新着エントリー
test
サイト内検索
週サラ。内部を”キーワード”で即効検索!
カスタム検索
月別
BIGtomorrowに掲載されました


青春出版社のBIG tomorrow4月号 54Pお役立ちブログ 発想のヒントが満載!ビジネスノウハウが学べるブログとして掲載されました。BIG tomorrow編集部で厳選した、読み応えのあるブログ21サイトに選ばれました〜!

宝島に掲載されました
だれでもできる!リピーターがどんどん増えるブログ成功者15人に聞くアクセスアップの「秘訣」。アフィリエイトビジネス系ブログで紹介されましたP53。平凡なサラリーマンのサクセスストーリー♪
人気ブログランキングで1位になりました
人気ブログランキング1位
人気ブログランキング、マーケティング・経営カテゴリーで1位になりました。 人気ブログランキング
NHK総合TVプライスの謎に出演しました
NHK総合の経済番組、「プライスの謎」に出演。働き方が変わる!? 〜サラリーマンの副業ブームの舞台裏〜というテーマで取材を受け出演いたしました。
週サラ”友”downunder
down under
かつてオーストラリアから情報発信された人気シリーズ!
オーストラリア突撃リポート!壮絶548日の奇跡!
某商社にて約5年半勤務後、現在豪州シドニー大学大学院(商学部)に在籍中。またシドニーにある某政府機関にてインターンを経て、現在日本のインキュベーションコンサルティング企業にて活躍中。
マインドマップ的読書感想文

週サラ管理人デイリーチェックのヤヴァイ書評ブログ!マインドマップ的読書感想文!