ブログトップ > カテゴリ: 仕事 > 【人間関係】かわいい女子の苦悩とブサイク女子の嫉妬

【人間関係】かわいい女子の苦悩とブサイク女子の嫉妬

2009年06月28日
藤川優里

(画像は美人すぎる 青森県八戸市議・藤川優里さん)

【人間関係】かわいい女子の苦悩とブサイク女子の嫉妬

ある一定の規模の会社であれば、たいてい一人くらいかわいい女子社員(派遣社員を含む)がいるのではないでしょうか。

そして、たいていそういったかわいい女子社員には男性陣はゆるゆるだ。よほどひどいミスをしない限り基本的にニコニコ笑っていればストレスフリーだったりする。

がっ!いやいやそうは問屋が卸さないですわ(汗)


                   ■

かわいい子を取巻く環境は案外厳しい

職場のかわいい女子というのは圧倒的に少数派。しかも婚活となれば圧倒的にかわいい女子は有利だ。

そんなかわいい女子をブサイクな女子がぬるま湯につけておくわけがない。激しい嫉妬と憎悪がかわいい女子に襲い掛かる。

週刊誌も真っ青なゴシップの嵐が吹き荒れる。

そんな逆風にもめげめげずにかわいい女子は男子諸君に屈託のない笑みを振りまいてくれる。

すんばらしい〜。゜゜(´□`。)°゜。

しかし、かわいい女子は自分がかわいいことに気づいている。そしてブサイク女子がブサイクだと言うことにも気づいている。

もしくは、ブサイクだとは思わなくとも自分のほうがかわいいことに気づいている。そしてブサイク女が不幸だと感じている。

だから嫉妬されることもある程度はやむをえないと腹立たしくとも理解している。

最も気の毒なのが、自分がかわいい女子である自覚がない女子だ。このケースはマジで不幸だ。自分自分へのブサイク女子が冷たい理由が分からないからだ。

そうして孤立したかわいい女子は、男子達がほって置かない。とても話しかけやすくなるからだ。そしてかわいい女子はより働きやすい環境を手に入れることができる。

そして最終的には将来有望なプロパーをゲットすることができる。そうなればブサイク女子の必要な攻撃も無力化する。

悲しいかな、嫉妬と憎悪にまみれたブサイク女子はもはや鬼神の卵と化しているだろう(*1)

男子としてはかわいい女子の苦悩はかわいい女子をゲットする突破口になりうるから、ある意味チャンスではある。

ってことは間接的にブサイク女子に感謝しろってこと???(゚ロ゚;)エェッ!?


(*1)完全に個人的趣味でソールイーターの鬼神の卵に例えてみました(笑)

オマケソールイーターのOP曲T.M.Revolution - resonance

人気ブログランキング!週サラは何位?

編集後記
ブサイク女子も負けるな!女は顔じゃないよノリだよ!ってマッチがいってませんでしたっけ(汗)
人気ブログランキング!週サラ順位をチェック

最近のエントリー



トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by ねこ   2010年10月10日 10:04
なんて浅はかな。
鬼の卵だなんて、差別の極みですね。
それより外見にほいほいな男子のほうが哀れ
本当に美しい人は、そんな情緒もないような男を本気で相手にすることはないんじゃないかな
真に人間的に立派な人は、相手の外見にこだわり差別したりしないはず。
ブスの嫉妬も、悲しみゆえに歪んでしまった思考。ブスは苦しんでいるのだ。
なのに苦しんでる人を鬼呼ばわり…
人の気持ちを考えない、薄っぺら丸出しね。
2. Posted by ミュウミュウ 財布   2013年06月28日 15:09
突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
新着エントリー
test
サイト内検索
週サラ。内部を”キーワード”で即効検索!
カスタム検索
月別
BIGtomorrowに掲載されました


青春出版社のBIG tomorrow4月号 54Pお役立ちブログ 発想のヒントが満載!ビジネスノウハウが学べるブログとして掲載されました。BIG tomorrow編集部で厳選した、読み応えのあるブログ21サイトに選ばれました〜!

宝島に掲載されました
だれでもできる!リピーターがどんどん増えるブログ成功者15人に聞くアクセスアップの「秘訣」。アフィリエイトビジネス系ブログで紹介されましたP53。平凡なサラリーマンのサクセスストーリー♪
人気ブログランキングで1位になりました
人気ブログランキング1位
人気ブログランキング、マーケティング・経営カテゴリーで1位になりました。 人気ブログランキング
NHK総合TVプライスの謎に出演しました
NHK総合の経済番組、「プライスの謎」に出演。働き方が変わる!? 〜サラリーマンの副業ブームの舞台裏〜というテーマで取材を受け出演いたしました。
週サラ”友”downunder
down under
かつてオーストラリアから情報発信された人気シリーズ!
オーストラリア突撃リポート!壮絶548日の奇跡!
某商社にて約5年半勤務後、現在豪州シドニー大学大学院(商学部)に在籍中。またシドニーにある某政府機関にてインターンを経て、現在日本のインキュベーションコンサルティング企業にて活躍中。
マインドマップ的読書感想文

週サラ管理人デイリーチェックのヤヴァイ書評ブログ!マインドマップ的読書感想文!