ブログトップ > カテゴリ: 流行モノ・話題 > 【液晶テレビ】読んだら最後!LED AQUOS LXシリーズがガチで欲しくなるよ(後編)

【液晶テレビ】読んだら最後!LED AQUOS LXシリーズがガチで欲しくなるよ(後編)

2009年10月26日
次世代LED AQUOS LXシリーズ

【液晶テレビ】読んだら最後!LED AQUOS LXシリーズがガチで欲しくなるよ(後編)

昨日のエントリー「【液晶テレビ】読んだら最後!LED AQUOS LXシリーズがガチで欲しくなるよ(前編)」に続きまして本日は後編です!

前回のエントリーでは、テレビAQUOSが誕生するところまでのお話でした。

そして、2001年1月1日に誕生したAQUOSテレビ、来年で10年という節目迎えるにあたり、次世代AQUOSにはとても実現可能とは思えない

超チャレンジングな

開発目標


が設定されてしまったんでしたよね(汗)

というわけで本日は、次世代LED AQUOS LXシリーズの開発秘話とその実力についてご紹介したいと思います!
このレビューは「みんぽす」の無償セミナーに参加して書かれています。(詳細は末尾で)みんぽす



                   ■

次世代LED AQUOS LXシリーズのここがスゴイ!

次世代LED AQUOS LXシリーズの目指すところは

もっと高画質

もっと省エネ

しかしながら、開発担当者の本音は”無理”の二文字・・・

でもSHARPさんのすごいところは、二意専心「誠意」と「創意」と言われてしまうとやらざるを得ないのです(汗)
シャープ経営信条 二意専心 誠意と創意

いわゆるスイッチが入るって感じでしょうかね。

でもただがむしゃらにがんばっても、非常にハードルの高い目標を掲げた製品ですから、実現できませんよね。

SHARPさんにはもう一つの強みである「緊プロ」という仕組みが存在します。

緊プロ」というのは”緊急対策プロジェクト”略で、目標を達成するために時限的に組織される開発チームです。通常であれば部門間の垣根というのは意外と超えづらいのですが、「緊プロ」に関しては容赦なく人材を引っこ抜いてきてしまいます(汗)

「緊プロ」と言う御旗のもと、遂に!AQUOS LXシリーズの製品化プロジェクトチームが始動しました。

ちょっと余談ですが、SHARPさんの「緊プロ」は海外のMBAの授業でもMOT(Management Of Technology)として習うほど優れた経営の仕組みだそうです(塚崎さん@WillVii 談)。

これらの目標を達成するためには、裏打ちされた技術の結晶なくして実現は不可能です。その技術の結晶とは、
LEDテレビ

・36年の歴史を持つ液晶技術
・39年の歴史を持つLED技術
・56年の歴史を持つテレビ技術


さて、まず最初の目標である”もっと高画質”を実現するために、従来のバックライトの方式を見直すことが必要でした。

ここで液晶の基礎知識をおさらいしておくと
液晶の基礎知識

1)光らせて
2)光量を調節して
3)色をつけて
4)絵を写す

こういった仕組みです。

”1)光らせて”のところですが、従来のバックライトをLED化することでよりシャープな映像を映し出すことができるんですね。

しかし、闇雲にLEDランプを使うだけでは省エネという目標を達成できません。ですから必要最小限のLEDでシャープな映像を映し出さねばなりません。
AQUOS LXシリーズに採用されたLEDバックライトのレイアウト


結構まばらですよね。自動車のテールランプなんかに組み込まれているLEDランプのほうが密度が高い気がします。
自動車のLEDバックライト


ではどうやって少ないLEDでシャープな映像を実現したのか・・・

それは独自開発のレンズに秘密がありました
レンズ


拡大すると独特の形状をしていることが分かります。
レンズ拡大


LEDレンズの構造
このレンズは二重のドームで構成されてるんですね。

このレンズによって、限られたLEDランプの光をパネル全体にムラなく照射できるようになりました。

UV2A(※2は上付き文字です)光配向技術を用いることで、同時にカラーフィルターも改良しました。
UV2Aカラーフィルター


LEDバックパネルと光配向技術によってダイナミックな高画質と省エネを実現することができたんですね。
次世代AQUOSの新技術


でもせっかくの性能が見る人が納得のいく映像でなければ意味が無い。テレビは見る人によって好みが異なりますからね。

そこでLED AQUOS LXシリーズでは、直感的に好みの映像にチューニングしてくれるメニューを用意してくれました。
画質調整サッカーボール


画質調整人物


これなら直感的に好みの映像に変更できますよね。また”音”もサンプル音を聞いて直感的に好みの音量音質に変更できるんですよ。

さらに、LED AQUOS LXシリーズにはとてもユニークな特徴があります。それは映画館で採用されているような画面の裏にウーハーを搭載したことなんです。

これによって迫力あるサウンドを実現したんですね。

しかしそのためには振動という課題をクリアしなければなりませんでした。でもちゃんとクリアしてくれましたよ!
新旧AQUOSウーハー

(左が従来のウーハー、右がLED AQUOS LXシリーズに搭載されたウーハーDuo Bass)

2つのウーハーによって互いの振動を相殺する仕組みです。(ナイスアイデア)

実物をさわってみましたが、従来品がスゴイ振動しているのに、Duo Bass搭載の新型はほとんど振動して無かったです。

いよいよクライマックスです!

なんとSHARP社員でも限られた人しか入れないという、禁断の地

AQUOS HD Lab

にてLED AQUOS LXシリーズの実力をチェックする時がやってまいりました。(※AQUOS HD Labは室内の明るさを様々な視聴環境に調節できる部屋でAQUOSの画質調節をする重要な部屋だそうです。)

中には3台のAQUOSが。
新旧AQUOS映像比較

(※左からLC-52GX5、LC-52LX1、LC-52DS6)

見てわかるかと思いますが、LC-52LX1(中央)は黒が特に黒いですよね。これは光配向技術のなせる技なんですよね。

このあと某SF映画を視聴したのですが、速い動きでも映像のざらつき感は感じられないし、Duo Bass搭載のARSS6スピーカーシステムの実力はまさに映画館のような臨場感でしたよ。

さらにネットも使えます。無料サービスに新聞や雑誌のチラミができるサービスがありました。
AQUOSで毎日新聞が読める

個人的には雑誌のチラミはブログのネタ探しに使えそうでよだれものです。
AQUOSで雑誌が読める


いや〜正直LED AQUOS LXシリーズガチですごいですわ(汗)自分は学生の時に購入したSHARPさんの17インチブラウン管テレビがいまだ現役なのですが、その差は目を覆いたくなるほどです。

地デジ対応でいずれ買い換えないといけないので、LED AQUOS LXシリーズで20インチくらいでリーズナブルな製品のリリースを期待したいところです。

でもDuoBass搭載は無理ですよね^^;

以上非常〜に濃厚な次世代AQUOSのセミナーでした。

【エコポイント対象商品】 SHARP AQUOS 52V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ LEDバックライト LC-52LX【エコポイント対象商品】 SHARP AQUOS 52V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ LEDバックライト LC-52LX
販売元:シャープ
発売日:2009-11-10
クチコミを見る

このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」から招待されたセミナーに参加して書かれています。
本セミナーへの参加及びレビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)本セミナーに参加された他の方のレビューはこちらのみんぽすTBセンターでご覧になれます。(WillViii株式会社みんぽす運営事務局)
みんぽす


人気ブログランキング!週サラは何位?

編集後記
自らも技術屋なので、メーカーの技術屋さんのセミナーは知的好奇心が満たされるので大満足です。
人気ブログランキング!週サラ順位をチェック


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
新着エントリー
test
サイト内検索
週サラ。内部を”キーワード”で即効検索!
カスタム検索
月別
「週サラ」管理人
週サラ管理人
プロフィール

お問い合わせ

BIGtomorrowに掲載されました


青春出版社のBIG tomorrow4月号 54Pお役立ちブログ 発想のヒントが満載!ビジネスノウハウが学べるブログとして掲載されました。BIG tomorrow編集部で厳選した、読み応えのあるブログ21サイトに選ばれました〜!

宝島に掲載されました
だれでもできる!リピーターがどんどん増えるブログ成功者15人に聞くアクセスアップの「秘訣」。アフィリエイトビジネス系ブログで紹介されましたP53。平凡なサラリーマンのサクセスストーリー♪
人気ブログランキングで1位になりました
人気ブログランキング1位
人気ブログランキング、マーケティング・経営カテゴリーで1位になりました。 人気ブログランキング
NHK総合TVプライスの謎に出演しました
NHK総合の経済番組、「プライスの謎」に出演。働き方が変わる!? 〜サラリーマンの副業ブームの舞台裏〜というテーマで取材を受け出演いたしました。
週サラ”友”downunder
down under
かつてオーストラリアから情報発信された人気シリーズ!
オーストラリア突撃リポート!壮絶548日の奇跡!
某商社にて約5年半勤務後、現在豪州シドニー大学大学院(商学部)に在籍中。またシドニーにある某政府機関にてインターンを経て、現在日本のインキュベーションコンサルティング企業にて活躍中。
マインドマップ的読書感想文

週サラ管理人デイリーチェックのヤヴァイ書評ブログ!マインドマップ的読書感想文!