ブログトップ > カテゴリ: 仕事 > 【仕事】上司が教えない新入社員がやってはいけない3つのルール

【仕事】上司が教えない新入社員がやってはいけない3つのルール

2012年04月01日
【仕事】上司が教えない新入社員がやってはいけない3つのルール
新入社員

4月になりましたね〜。いよいよ新年度がスタートします。新年度といえば、フレッシュな新入社員が入社する季節でもありますね。

さて、新入社員のみなさん。期待と不安で社会人としての自立した人生がスタートするわけですが。何事も最初が肝心です。いきなりよからぬレッテルを貼られてしまうと、気がつかないうちに不利な状況に追い込まれ同僚と差がついているなんてことにもなりかねません。

「使えないやつ」「関わらないほうがいいやつ」にされないためにも、阿吽の呼吸を求められる日本のサラリーマンとしておさえておきたい3つのルールを伝授したいと思います。

【仕事】上司が教えない新入社員がやってはいけない3つのルール

(・∀・)つ 上司を信用するな

サラリーマン社会というのは常に戦場です。とくに大企業ともなると、入社した瞬間から出世争いが始まっています。出世の是非は人それぞれですが、同期の部下でも穏やかな気持ちでいられるのであればいいですが、基本的には平均的なスピードで昇進するくらいの器量は持ち合わせたいものです。

さて、サラリーマンにとって上司というのは非常に重要です。優秀な上司は、自ら考えて仕事ができる人材に育ててくれます。優秀な上司に当たればいいですが、優秀な上司はむしろ希少。つまりほとんどハズレと言っても過言ではありません。

ハズレ上司に遭遇しても潰されないようにするために非常に重要なことは

上司を信用しない

ことです。信用しなければ、自分で確認しますよね。怪しければ調べますよね。間違っていれば修正しますよね。そうすることで自らの情報収集力が高まりますし、上司の承認ミスも未然に防止することができるわけです。

上司を信用しなければ「関係がギクシャクするのでは?」と思いがちですが、あにはからんや、ダメな上司ほどこういった上司を信用しない部下を自らの盾として重宝してくれるものです。

慣れてきたらたしょうのわがままもきいてくれることでしょう。


(・∀・)つ 正直で誠実で真面目になるな
結論から先に言ってしまうと、正直で誠実で真面目だとまず潰れる。

価値観の

パラダイムシフト


社会人になって直面する問題はこれだろう。多くの新入社員がこの現象に適応できずに精神的にやられてしまい、5月病なる病にかかることもしばしば。上司や先輩が仕事ができるようにちゃんと教育してくれるだとか、言っていることとやっていることが違う上司とか、朝指示されたことが夕方には変わっているとか、他人の失敗の尻拭いをさせられたりとか、理不尽に満ち溢れている。

世の中はまっとうだというのは幻想にすぎない。誰かが守ってくれるなどという幻想は早く捨てて、落とし穴に落ちないように常に先読みをする、視野を確保することが重要だったりします。

(・∀・)つ 面白くあれ
長いサラリーマン人生において、だれでもミスはつきものです。致命的なミスは救いようがありませんが、中小のミスであればその局面を乗り越えなければなりません。

仕事は基本的に多くの人との関係性の中ですすんでいくため、

人に嫌われない

ということがかなり効いて来ます。別段好かれる必要があるわけではありませんが、やはり面白い人ってのは人をひきつける空気をもっていますから、英語や専門知識と同じように、一種の技術として身につけたいものです。

「バラエティー番組なんて下世話だ」などと言わずに、人間関係の潤滑油として情報として取り扱えば、仕事においても間接的に役立つわけです。

面白い人はこういったメリットの恩恵のためか、ヘビーなストレス環境にさらされにくいというメリットもあります。

                 ***

以上3つご紹介してきましたが、ここではたった3つのみのご紹介ですが、もっと多くのシビアな局面に遭遇することもあるかと思います。

そんなときは、深刻にならずに、冷静にやるべきことを確認して順序だてて淡々と進めることです。そういった追い詰められたときに、本当に信頼できる人が分かるものです。では、新入社員の皆さん頑張ってくださいね!
人気ブログランキング!週サラは何位?

【参考】新入社員関連エントリー
【仕事】新入社員がまず覚えておきたい仕事術3つ
【仕事】世渡り上手な新入社員の評価!
【新入社員】新入社員がビジネス社会を行きぬくために必要な3つの要素
人気ブログランキング!週サラは何位?


ソーシャルブックマークへ投稿: ブックマークに追加する Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク このエントリーを含むはてなブックマーク newsing it! この記事をChoix!
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by Marion   2013年07月05日 11:42
If you haven’t identified it but, retain seeking. Do not settle. As with all issues of the soul, you’ll know when you locate it. And, like any wonderful partnership, it just will get much better and greater as the several years roll on.
2. Posted by height shoe inserts   2013年08月20日 02:06
I arrived predicting something else, but this enlightened me to something I wasn’t aware of. Well put together stuff.
3. Posted by insoles increase height   2013年08月20日 08:47
A lot of of the items you explain is actually supprisingly legitimate also it makes me wonder the key reason why I’d not checked out this with this particular light previously. This piece really did switch the light on for me personally so far as this topic goes. Nevertheless at this time there is really one factor I am not necessarily too cozy with whilst I aim to reconcile by using the particular central idea of the position, allow me see what the remaining readers have to say.Well done.
4. Posted by free infographic software   2013年09月02日 20:52
5 従業員は、総称して労働や契約条件についての団体の経営陣と交渉するために労働力を表す貿易や労働組合に整理することができます。ありがとう。
5. Posted by dissertation editors   2013年11月07日 05:08
あなたは素敵な記事を投稿しています。私はそこから多くの情報を得ることができます。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
新着エントリー
test
サイト内検索
週サラ。内部を”キーワード”で即効検索!
カスタム検索
月別
「週サラ」管理人
週サラ管理人
プロフィール

お問い合わせ

BIGtomorrowに掲載されました


青春出版社のBIG tomorrow4月号 54Pお役立ちブログ 発想のヒントが満載!ビジネスノウハウが学べるブログとして掲載されました。BIG tomorrow編集部で厳選した、読み応えのあるブログ21サイトに選ばれました〜!

宝島に掲載されました
だれでもできる!リピーターがどんどん増えるブログ成功者15人に聞くアクセスアップの「秘訣」。アフィリエイトビジネス系ブログで紹介されましたP53。平凡なサラリーマンのサクセスストーリー♪
人気ブログランキングで1位になりました
人気ブログランキング1位
人気ブログランキング、マーケティング・経営カテゴリーで1位になりました。 人気ブログランキング
NHK総合TVプライスの謎に出演しました
NHK総合の経済番組、「プライスの謎」に出演。働き方が変わる!? 〜サラリーマンの副業ブームの舞台裏〜というテーマで取材を受け出演いたしました。
週サラ”友”downunder
down under
かつてオーストラリアから情報発信された人気シリーズ!
オーストラリア突撃リポート!壮絶548日の奇跡!
某商社にて約5年半勤務後、現在豪州シドニー大学大学院(商学部)に在籍中。またシドニーにある某政府機関にてインターンを経て、現在日本のインキュベーションコンサルティング企業にて活躍中。
マインドマップ的読書感想文

週サラ管理人デイリーチェックのヤヴァイ書評ブログ!マインドマップ的読書感想文!