ブログトップ > カテゴリ: 資産・お金 > 【投資】貧乏サラリーマンでも稼げる!アベノミクス攻略便乗投資で稼ぐ

【投資】貧乏サラリーマンでも稼げる!アベノミクス攻略便乗投資で稼ぐ

2013年02月17日
【投資】貧乏サラリーマンでも稼げる!アベノミクス攻略便乗投資で稼ぐ
アベノミクス

17兆2000億円というかつてない大型予算が組まれた平成25年度予算。安倍政権が本気で経済再生する気合が感じられる予算規模だ。しかしながら、最終的に個人消費の拡大までリーチがなければ景気回復は絵に描いたもちになってしまうでしょう。

今回は、「貧乏サラリーマンでも稼げる!アベノミクス攻略便乗投資で稼ぐ」でいってみよう!

昨年末からアベノミクス効果は顕著に現れている。まずは株価の回復。昨年11月は9000円程度だった日経平均株価が、2ヵ月半で2000円回復し、11000円代に上昇した。また円安も急激にすすんだ。80円程度から94円まで円安がすすんだ。

アベノミクスの施策である財政出動により、円は売られ円安になった。これにより自動車を代表とする輸出産業は大幅に業績回復した。

またコンビニ大手ローソンが、グループ社員(3300人)の2013年度年収を3%上げると発表した。しかしながら、企業が溜め込んだ内部留保を簡単に還元してくれないだろう。企業側も「景気の先行き不透明」と言う定型文で従業員の昇給を押さえ込んできたが、あまりにも分かりやすいアベノミクスの景気対策に今回ばかりは何らかの還元を迫られるだろう。

さてこの世紀のビッグ予算による景気対策の恩恵をみすみす見逃す手は無い。既に昨年末からの為替差益で、個人投資家が1000万円以上稼いだなんて話も聞く。

まあそれはちょっとでかい話だとしても、サラリーマンの1ヶ月分の給料程度を稼ぎ出すのは夢ではない。作戦としてはアベノミクスで成長が見込まれる業界の伸びしろに期待したいというわけだ。

キーワード ICT

今回の予算で注目したいのが、規模こそ小さいですが、化ける可能性に期待したいのが「ICT」です。

ITのほうがなじみが深いかもしれません。Information technology、IT(あいてぃー)は、情報技術のことで情報処理(コンピュータ処理)および情報伝達(通信処理)の、工学およびその社会的な応用技術の総称。Information and communication(s) technology ICTも同意として用いられます。

今回の予算でICT関連に約1150億円の予算が計上されました。ITは少ない資本で大きな利益を生み出す産業です。新しい価値創造という分野においてはまだ存在していないバリューですから、いけると思ったときにつかみ取りにいく準備が必要です。

総務省の情報によると、ざっくりつぎの3つに注目したいです。

ICT × 医療

ICT × 教育

ICT × 著作権

具体的なサービスに落とし込まれた段階で、企業名など明らかになるとおもわれるので、一旦上昇した後の、2段上げをねらう感じでしょうか。まだ近々の話ではなさそうです。

次に期待したいのが、アベノミクスのネガティブリアクションです。アベノミクスは物価上昇率2%になるまで財政出動を継続します。したがって、バブル期に匹敵する物価目標である2%になるわけです。

これは高額商品ほどうれしくない話です。100万円の車なら2万円の話で済みますが、5000万円の家ならどうでしょう、100万円ですよ(汗)

つまり、まさに不動産が注目されているわけです。不動産と言えばローンを組みますよね。すると銀行も連動します。この2つをチェックしてみましょう。

NEXT FUNDS 不動産(TOPIX−17)上場投信 (1633)
1633

こちらはなんと昨年12月中旬から年末にかけての半月で、19000円から23000円と4000円も急上昇しました。これは既に織り込み済みでしょうか?

銀行関連をまとめたETF「東証銀行業株価指数連動型上場投資信託(1615)
1615

3ヶ月で110円から160円と3ヶ月で45%も上昇しました。景気回復と密接な関係を持つ銀行関連はまだまだ期待できると思います。

NEXT FUNDS 自動車・輸送機(TOPIX−17)上場投信 (1622)
1622

最後に円安の恩恵をもろに受けてうはうはの自動車業界は、3ヶ月で11000円から16000円と6000円も上昇しました。なんと脅威の60%上昇。ただし、G20でアベノミクスは円安誘導しているのではないか?との指摘を受けて、円安一服感があるため、円安連動タイプの自動車関連はちょっと様子見かもしれません。

アベノミクス第一弾の収穫のタイミングはひとまず一服したように感じます。これからは、若干予測が必要となってくるでしょう。TOPIX連動型などは、円安のデメリットを受ける業種も含んでしまいますから、輸入関連、または輸入品依存度の高い業種は避けたETFがねらいじゃないでしょうかね。

とにかく、世の中の金が動き始めたので、5月までくらいが勝負ではないでしょうかね。
人気ブログランキング!週サラは何位?


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
新着エントリー
test
サイト内検索
週サラ。内部を”キーワード”で即効検索!
カスタム検索
月別
「週サラ」管理人
週サラ管理人
プロフィール

お問い合わせ

BIGtomorrowに掲載されました


青春出版社のBIG tomorrow4月号 54Pお役立ちブログ 発想のヒントが満載!ビジネスノウハウが学べるブログとして掲載されました。BIG tomorrow編集部で厳選した、読み応えのあるブログ21サイトに選ばれました〜!

宝島に掲載されました
だれでもできる!リピーターがどんどん増えるブログ成功者15人に聞くアクセスアップの「秘訣」。アフィリエイトビジネス系ブログで紹介されましたP53。平凡なサラリーマンのサクセスストーリー♪
人気ブログランキングで1位になりました
人気ブログランキング1位
人気ブログランキング、マーケティング・経営カテゴリーで1位になりました。 人気ブログランキング
NHK総合TVプライスの謎に出演しました
NHK総合の経済番組、「プライスの謎」に出演。働き方が変わる!? 〜サラリーマンの副業ブームの舞台裏〜というテーマで取材を受け出演いたしました。
週サラ”友”downunder
down under
かつてオーストラリアから情報発信された人気シリーズ!
オーストラリア突撃リポート!壮絶548日の奇跡!
某商社にて約5年半勤務後、現在豪州シドニー大学大学院(商学部)に在籍中。またシドニーにある某政府機関にてインターンを経て、現在日本のインキュベーションコンサルティング企業にて活躍中。
マインドマップ的読書感想文

週サラ管理人デイリーチェックのヤヴァイ書評ブログ!マインドマップ的読書感想文!